A new and fresh way of thinking about the U.S.-Japan economic relationship must always include the important topic of direct investment from Japan into the United States. While Japan is #1 leading ...
Message from organizer For over 32 years, Riyadh Exhibitions Company have hosted the most successful and largest construction sector sold out international trade fairs in the Kingdom. The importance ...
メコン地域(GMS)やマレー半島など、東南アジアでの陸送に注目が集まっている。タイ商務省の発表によると、2021年のタイの国境貿易総額は前年に比べて約3割拡大した。特に、中国、シンガポール、マレーシアなどとの間での増加が大きい。
米国税関国境保護局(CBP)は5月24日、電子渡航認証システム(ESTA)申請料を5月26日以降の申請分から、21ドルに値上げすると発表した(現行14ドル)。 ESTAは2009年1月に導入された制度で、査証(ビザ)免除プログラム(VWP)が認める日本を含む40カ国の国民に対して、米国に短期商用・観光などで90日以内の滞在を目的に旅行する場合(乗り継ぎを含む)、ビザの取得を免除するもの(注)。事前 ...
在日韓国大使館は5月24日、日本人に対する一般観光ビザ(C-3-9)の受け付けを6月1日から再開すると発表した(2022年5月23日記事参照)。発給手続きは原則以下のとおり。今後変更などがあればウェブサイトで公表するとしている。問い合わせは同大使館領事部まで。 その他詳細は、駐日韓国大使館ウェブサイトを参照。
韓国の全国経済人連合会(全経連、日本の経団連に相当)は5月25日、売上高上位1,000社の韓国企業のうち、中国に投資、または取引のある700社を対象とした「中国の主要都市封鎖による国内企業への影響」に関する調査結果をまとめた。調査期間は5月2日から9日で、電話やファックス、メールで実施し、103社が回答した。 回答企業の73.8%が、中国の新型コロナウイルス対策に伴う都市封鎖が企業経営に否定的な影 ...
韓国関税庁は5月18日、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定と韓国ASEAN自由貿易協定(FTA)に基づく(注1)「連続する原産地証明書」(バック・トゥ・バックC/O)の発給ガイドラインを公表した。バック・トゥ・バックC/Oを利用することにより、特に韓国で電子商取引事業を営む事業者などに協定関税の恩恵があるとしている(注2)。全文は関税庁ウェブサイトから参照可能(韓国語)。概要は以下のとおり(自 ...
米国ジョージア州で5月24日、2022年11月の中間選挙に向けた候補者を決める予備選挙が行われた。 連邦上院議員候補を決める共和党の予備選挙では、ドナルド・トランプ前大統領の支持を受けたハーシェル・ウォーカー氏(元プロフットボール選手)が勝利した。一方、民主党の予備選挙では、現職のラファエル・ワーノック氏が勝利した。中間選挙では、現職のワーノック氏とウォーカー氏の争いになる。 トランプ氏や上院のミ ...
米国通商代表部(USTR)は5月25日、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に基づき、カナダに対して乳製品の関税割当制度(TRQ)の運用に関して紛争解決のための協議を申し入れた。USMCAを活用してカナダの同問題を取り上げるのは2回目となる。 TRQは、輸入国政府が特定の輸入品目について、一定量の輸入まで低税率の関税を認め、それを超える輸入については高い関税率を課すことを可能にする制度で、WT ...
パウロ・ゲデス経済相は5月24日、スイスで開催されたダボス会議の「世界の経済リーダーによる非公式セッション(IGWEL)~景気後退の防止セッション」に登壇し、ブラジルは、サービスにおけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進、規制の近代化、国営企業民営化による諸外国企業の投資誘致を進めている、と強調した(5月24日および25日付経済省公式ウェブサイト)。経済省によれば、ゲデス大臣は同セッシ ...
5月24日に行われた米国テキサス州の司法長官予備選挙の共和党候補決選投票で、現職のケン・パクストン氏が対立候補の同州公有地管理庁のジョージ・P・ブッシュ長官(注1)を抑え、共和党候補として勝利確実となった。3月1日に行われた予備選挙では過半数を獲得した候補者がいなかったため、上位2人の両氏が今回の決選投票に臨んだ(2022年3月2日記事参照)。 パクストン氏は勝利演説で、共和党が「バイデン政権を倒 ...
米国でのドル建てロシア国債の元利払いを受け取れる米財務省の特例措置が5月25日に失効した。財務省は前日の24日、同措置を延長しないことを発表していた。 米国では2月28日にロシア政府などとの取引が禁止されたが(2022年3月1日記事参照)、ロシア国債など債券の元利払いの受け取りは投資家保護の観点から、時限特例として認められていた。財務省報道官が4月4日、ロシア政府が米国の銀行などに保有するドルを使 ...